ブログ

デジタルパーマスタイル

今回はサロンワークでのデジタルパーマのスタイルです

すこしゆるいクセがありヘアカラーなどのダメージ

により毛先がおさまらずドライに見えてしまうお客様。毛量も多いので強いウ

ェーブをいれてしまうと、ボリュームが出過ぎてしまいます

ボリュームはおさえつつ、毛先を曲線にもっていき熱を加えてことによって、

おさまりとやわらかさを出していきます。

まずウェーブを付けたときに重さが出ないようににならないように

毛の重なりのズレを作り、さらに細かく毛の重なり、重さを見ながら空間を作

るカットをしていきます。カット終了後薬の塗布にはいります

薬の塗布が終わりましたら余計な部分には薬はつけないようにカールがほしい

部分におくすりをつけます。

薬の塗布もカットと同様にズレを狙った塗布になっております

その後、お薬を高濃度炭酸線で洗い流し、デジタルパーマの機器に入ります

熱を加え乾燥までもっていきます。温度設定もとても大事です

その後2液を塗布し、再び炭酸泉で流します

デジタルパーマ特徴として濡れている時と乾かした状態のウェーブギャップが

少ないというメリットがあります。

スタイリング剤(ムースやワックス)などでウェーブを固定しなくても乾かし

てそのまま形になりやすいお手入れが簡単です

このくらいの大きめのカールスタイルの場合通常のパーマでかけるよりもちの

良さウェット時とドライ時のウェーブギャップの少なさというという部分から

みてもデジタルパーマのほうがベストではないかと思います。

必要以上にお薬を髪に反応させないで、適度な熱を加えることで質感の向上

おさまりも出すことが出来ますし、ストレート(カールを付けない部分)とロ

ッドを巻いた部分とのつなぎ目が自然にだすことが出来ます。

どんなスタイルにもデジタルパーマが良いというわけでもないのですがお手入

れのしやすさ、再現性は良いパーマだとおもいます

ご来店の際にはご相談ください

デジタルパーマスタイル_20120220_1