?>

ブログ

保存版! 明るい白髪染めの簡単解説

こんにちは! 美容歴28年ベテランスタイリストこと立石です。

大家好〜我叫立石
休日は専ら中国語を勉強中、そろそろどこか出かけたいですね〜

さてさて、昨日の髪質改善カラーに引き続き人気の明るい白髪染め。

これはホント需要ありますね。

問題は、白髪染めが明るく染まらないあるある。

簡単にメカニズムを紹介しましょう。
調べたら分かりますが面倒ですよね笑

カラー剤には明るくさせる剤と暗く白髪を染める剤が入っています。

髪を明るくするには、地毛の持っているメラニン色素を壊す必要があります。

メラニン色素は分かりますよね。

それに反して、白髪を染めるには人工の黒いカラーを髪に入れることになります。

そしてその人工の黒いカラーはメラニン色素ではございません!

なので一度暗く染めてしまうと明るく出来にくいのです。

一旦ここまで覚えましょう笑

で、よくあるのが長年自然な暗めに染めていたものを明るくしたくても、前に染めていた黒いカラーが明るくするのに邪魔をするんです。

じゃあ〜どうしたらいいのか。

人工の黒いカラーは絶対明るくならない訳ではなく、更に強力な脱色剤を使うことによって明るくすることができます。うへへへ恐

確かに傷みやすいリスクは避けられませんが、それも近年かなり良くなっていて、ちゃんと処方すれば問題なく明るくなります。

後はやり方ですが、全ての毛先を明るくすると髪が伸びた時にプリンになりやすくオススメしません。

なので私は縦筋の明るさを使って伸びても持ちの良いやり方を推奨しています。

ヘアスタイルや求めるイメージでも似合うようにやり方を変えるので、是非ご相談下さい。

今回の写真のスタイルは、根元は完全に白髪染めをしていて数種類のハイライトを入れて毛先に向かってグラデーションカラーになるようにしています。
長さもあるので少し派手にみえますが、根元が暗くなっているので、見た目より顔なじみも良い感じです。

カラーもメンテナンスも大変ですが、白髪染めをしていても綺麗なデザインカラーを楽しめる時代です。

ちょっとでも気になったら立石指名でご予約をオススメします笑

早くやっとけば良かった!!

と、よく言われます笑

ではこの辺で

アディオス!